水のトラブルで自分でできる対処とできないもの

水のトラブルで自分でできる対処とできないもの 水道など水のトラブルが発生してしまうと、その発生箇所の状態を直さなければいけません。放置していると、そのまま被害が進行しさらに深刻な被害になってしまう可能性があるためです。水のトラブルにも軽いものから重度のものなどさまざまです。状態を直すための施工をするにあたって、自分でできるものと業者に依頼して直してもらわなければいけないものに分かれています。水のトラブルは起こらないに越したことはありませんが、どうしても起こります。だからこそ、もしも水が漏れるなどいつもとは違う異変を感じたときに冷静に対処できるように、工事に関する知識を身につけて、どう対処していくべきか知っておきましょう。

■法律によって定められていること

最近は特にDIYなどで家の周りのことを楽しんでする人が増えています。そのためDIYの一環として水周りに関しても、自分で対応するかたもいます。しかし水周りの工事はすべて自分で行って良いものばかりではなく、個人で工事をしていい範囲は細かく定められています。水道工事とはいっても内容は多岐にわたるため、自分でやって良いものといけないものがあることは覚えておかなければいけません。自分で工事をするだけの知識や技術がある場合には、自分で作業する前に一度その工事内容についてチェックをした上で自分でしていいものかどうか判断をしましょう。

■作業に必要な資格について
対応する水道工事によっては、業者は必要な資格を取得し、水道局が指定する業者になる必要があります。一般的にこの作業に必要とされる資格というのはペーパーテストを受けてそれに受かることで資格者になることができます。安全に作業を行う上でも必要とされる資格が給水装置工事主任技術者・下水道排水設備工事責任技術者・管工事施工管理技士・水道技術管理者など4つの資格です。ちょっとした作業ではなく、本格的な工事などを必要とするパターンでは、自力で作業することができません。もしも本格的な作業が必要になったケースで業者を探す際には、資格を持っているかを確かめ、水道局に指定されている業者を選んで作業を依頼しましょう。

■自分でもできる作業

業者に依頼しなければいけない作業も多いですが、自分で行ってもいい作業も多くあるので、トラブルが発生した時のために覚えておきましょう。まず代表的なものの1つが、部品の1つであるパッキンの交換です。パッキンは経年劣化するものであり、劣化によって水漏れなどのトラブルを引き起こす原因になってしまいます。新しいものに交換する必要がありますが、ホームセンターでも入手することができるので、やり方さえ覚えてしまえば自力でも簡単に交換することが可能です。パッキンは金属を接続している部分から水が漏れないようにする働きを持っているため、パッキンが劣化してしまうと水漏れを起こしてしまいます。新しいパッキンに交換をして、水を出した際に水漏れ等の異常がなければそれで作業は完了するので、比較的簡単ですぐに終わらせることができます。

■まとめ
自分でできる作業とできない作業があるという事実は、知られていそうでなかなか知らない人も多いポイントです。やり方さえ覚えていれば誰でもできるというわけではない作業もあるので、もし水のトラブルが発生した際に自分で対応できる症状ではなかった場合は、専門の業者を呼んで直してもらうようにしましょう。無理に自分で作業をしようとすると、場合によっては水道管の破裂など周囲の人にも迷惑をかける事態になってしまうこともあります。そうならないためにもトラブルの状態を見極めて、そのケースに一番適した対処法をとっていくようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース